晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

項羽と劉邦(第15話)趙高が李斯に仕掛けた3つの罠!

ドラマ『項羽と劉邦 King's War 第15話 沛公となる』では、趙高が李斯を仕留めるために、3つの罠をしかけるので詳しく紹介しましょう。

『第15話 沛公となる』のキャスト

『項羽と劉邦 King's War 第15話 沛公となる』に登場した人物や役者さん・声優さんたちは、以下の通りです。

秦帝国

中国初の統一王朝『秦帝国』に関連する人物や役者は以下の通りです。

  • 始皇帝(演:ユー・ホーウェイ)/秦帝国を建国した初の皇帝
  • 胡亥(演:ユー・ビン、声:内田岳志)/扶蘇の弟
  • 李斯(演:演:リー・ジェンシン)/秦帝国を支える丞相
  • 趙高(演:演:シュー・ウェングァン)/始皇帝に仕える宦官
  • 崇信(演:チャン・シンファ)/趙高に従う宦官

漢(建国前)

400年にも及ぶ漢王朝(前漢・後漢)の建国に関連する人物や役者さんたちは、以下の通りです。

  • 劉邦(演:チェン・ダオミン)/多くの者たちに慕われる亭長
  • 樊噲(演:カン・カイ)/劉邦の弟分で気性が荒い
  • 盧綰(演:ワン・ジーシー)劉邦の幼馴染で穏やかな性格
  • 蕭何(演:ヤン・リーシン)/ 劉邦と親しい役人
  • 曹参(演:シュー・シャオジェン)/蕭何の幼馴染
  • 雍歯(演:ユウ・ヨン)/劉邦と共に行動する罪人

『第15話 沛公となる』のストーリー

劉邦は、県令になるように促されますが、仲間たちが支えてくれるのであればという条件付きで、ついに県令となり『沛公』と呼ばれるようになります。

沛県の混乱がようやく治ろうとしていましたが、天下は乱れに乱れて、秦軍は反乱軍に苦戦を強いられていました。しかし、趙高は将軍を派遣させたら力をつけさせる事になると考えて、兵を送るだけで十分と考えていたのです。

そればかりか、趙高はこれを機に李斯を仕留めようと考えて、皇帝に謁見しようとしている李斯に3つの進言をするように頼み込みます。

李斯は秦のために、頼みを受け入れて、胡亥に「1つ、宮殿の造営を辞めて軍資金を調達して下さい。2つ、皇帝自ら進軍して下さい。3つ、皇帝自ら進軍できないなら我が息子に軍を与えて討伐軍を派遣して下さい」と進言。

しかし、胡亥は「信じていたのに、よくも裏切ったな!」と激怒!

そこへ趙高が「李斯は宮殿の造営を辞めさせる事により民心をつかもうとしている、皇帝自ら討伐に向かう時に、都に兵を集めて謀反を企もうと考えています、李斯の息子に軍を与えたら討伐軍を秦の国内に引き入れようとしています」と讒言。

胡亥は「李斯の処罰は趙高に任せる」と言い残して、趙高はほくそ笑み、李斯はあまりの衝撃に倒れ込んでしまうのです。はたして、秦帝国はどうなってしまうのでしょうか?

『第15話 沛公となる』のまとめ

項羽と劉邦_第15話の画像3

出典:http://www.bsfuji.tv/kingswar/story/story15.html

『項羽と劉邦 King's War 第15話 沛公となる』の感想や、関連する情報を紹介するので、参考にしてみて下さい。

『第15話 沛公となる』の感想

李斯は捕まってしまって、連行されていくなかで「趙高!この卑怯者め、よくも罠にはめたな」と罵ります。

しかし、趙高は「その通り、この趙高は卑怯者です。あなたはご存知ないのですね、卑怯者を怒らせてはいけません。侮辱もなりません。そして、信じてもなりませんぞぉ、ほーっほっほっほっほ!」と嘲笑います。

あまりの趙高のあくどさに絶句してしまい『いやいや、この趙高は本当に悪どい奴だなぁ』と思ってしまいましたね。宦官っていうのはロクなのがいないのか?と疑いたくなるほどです。

ここは、秦帝国が崩壊していく名シーンとも言える所なので、第15話の大きな見所でしたね。ハッキリ行って、劉邦が沛公になるシーンがかすんでしまうほどですが、今後は趙高の専横がますますひどくなっていくので、今後の展開から目が離せません。

『項羽と劉邦 King's War 第1〜80話』を見れる動画配信

項羽と劉邦 King's War 第1〜80話を見れる動画配信は『Hulu』です。ただし時期が過ぎたら、配信が終了する可能性があるので、注意して下さい。

Huluは月額933円(税抜)で、このドラマの他にも、様々な映画・ドラマ・アニメなどが見放題になっています。

初めてHuluに入会した場合には、2週間の間は無料なので、その間に項羽と劉邦を見る事が可能です。