晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

怪談新耳袋(第36話)伊藤洋三郎の悪ふざけが幽霊を呼ぶ!

怪談新耳袋の画像

ホラードラマ『怪談新耳袋 第2シリーズ 第36話 やめて』では、サラリーマンの男性が妻を驚かそうと思ったら、それが怪奇現象を起こす事になるので詳しく紹介しましょう。

『怪談新耳袋 第36話 やめて』のキャスト

ホラードラマ『怪談新耳袋 第2シリーズ』は、2003年8月から放送開始されました。

  • 監督:山口雄大
  • 父親役:伊藤洋三
  • 娘役:石井里弥
  • 息子役:伊藤洋三郎

『怪談新耳袋 第36話 やめて』のストーリー

父親が、まだ帰宅しない時に、息子はビデオカメラを使って、ホームビデオを楽しんでいました。母親は「あまり寄らないで、太って見えるから!」と和気あいあいとしたホームビデオになる所でした。

ところが、お風呂上がりの姉を撮影しようとしたら、まだ髪型が上手くセットできなかった事もあって「何撮ってんの!最悪」と怒らせてしまうのです。

さすがに息子も、そんな事で怒るなよと戸惑ってしまいますが、そこへ玄関のドアノブがガチャガチャを動き始めたので「お母さん、誰か来たよ」と呼びかけます。

母親は仕方なくドアを開けたら、少し間をおいてから、夫が「わっ!」と驚かそうしてきたのです。

しかし、妻は全く驚かないで『しょーもない』と呆れてしまったのです。

息子は、すべってしまった父親を励まそうとしますが、父親は『参ったなぁ』と苦笑いするしかありませんでした。

そんな時に、再び玄関のドアノブがガチャガチャと動き始めたのです。家族が注目する中で、父親は「こんな時間に非常識だな」と困惑しながらドアを開けたら誰もいなかったのです。

仕方なくドアを閉めたら、再びドアノブがガチャガチャと動き始めたので、再びドアを開けたら誰もいませんでした。さすがに薄気味悪くなってきて、すぐにドアを閉めますが、再びドアノブがガチャガチャと動き始めたのです!

はたして、ドアノブを動かしている者は、何者なのでしょうか?

『怪談新耳袋 第36話 やめて』のまとめ

ホラードラマ『怪談 新耳袋 第2シリーズ 第36話 やめて』に関連する情報や感想を紹介するので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

晃のドラマブログの豆知識『伊藤洋三郎が出演した危ない刑事』

伊藤洋三郎の画像

出典:https://news.livedoor.com/article/image_detail/11068255/?img_id=9748261

ホラードラマに出演していた伊藤洋三郎さんですが、実は『あぶない刑事』にも出演していました。昔は、このドラマも見た事があっただけに、思わず懐かしいなぁと思ってしまいますね。

昔は、刑事が優秀なドラマが多くて、少し荒っぽい捜査をして犯人を捕まえていましたが、最近は監察医や弁護士のほうが優秀で、刑事があまり優秀とは言えないドラマが増えてきたように思えます。

そう言った事を考えたら、優秀な刑事が活躍する『ストロベリーナイト・サーガ』は、貴重な刑事ドラマだったなぁと感慨深くなります。 

www.akira-blog.com

『怪談新耳袋 第36話 やめて』の感想

今回は、父親が悪ふざけでドアノブをガチャガチャと動かしてしまって、それが後の怪奇現象につながってしまいます。

世の中には、廃墟へ行ったり、こっくりさんをしたりして、怖い思いをしてしまう事があります。そのような事を考えたら、家族や友達を驚かそうとした事が、思わぬ怪奇現象を招く恐れがあるので注意したほうが良いでしょう。

『怪談新耳袋 第2シリーズ』を見れる動画配信

怪談新耳袋 第1〜2・4〜5シリーズを見れる動画配信は『Hulu』です。ただし時期が過ぎたら、配信が終了する可能性があるので、注意して下さい。

Huluは月額933円(税抜)で、このドラマの他にも、様々な映画・ドラマ・アニメなどが見放題になっています。

初めてHuluに入会した場合には、2週間の間は無料なので、その間に、怪談新耳袋 第2シリーズを見る事が可能です。