晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

怪談新耳袋(第37話)上条誠を苦しめたヘルハウス

怪談新耳袋の画像

ホラードラマ『怪談新耳袋 第2シリーズ 第37話 もうやめて』では、少年(演:上条誠)の住む家で起きている怪奇現象が、エスカレートしていくので詳しく紹介しましょう。

『怪談新耳袋 第37話 もうやめて』のキャスト

ホラードラマ『怪談新耳袋 第2シリーズ』は、2003年2月から放送開始されました。

  • 監督:山口雄大
  • 父親役:伊藤洋三
  • 娘役:石井里弥
  • 息子役:伊藤洋三郎

『怪談新耳袋 第37話 もうやめて』のストーリー

父親の悪ふざけから始まった怪奇現象は、最初は玄関のドアノブをガチャガチャを動かされるだけでした。

そのため、ドアノブが決まった時間(22時15分)にガチャガチャと動かされても、10分経ったら病むので、父親は息子に「いいから放っておきなさい」と注意して、何も気にする事もなかったのです。

ところが、キッチンで食器を洗っていた妻が「アァー!」と悲鳴をあげてしまったのです。家族たちは『どうしたんだ』と思って、キッチンを見ようとしたら、何と全てのフォークやスプーンがいつの間にか捻じ曲げられていたのです。

さらにダイニングに置かれていたテレビが『ドーン!』と倒れてしまった上に、電子レンジが『ボォン!』と爆発してしまいました。

父親は「ただ事ではないな」と眉間にシワをよせて、霊能力者を家に呼ぶ事にしたのです。

霊能力者が、家へやってきたら「この先に十字路がありますね。そこで多くの方が事故で亡くなっていて、この家へ往来している可能性があります」と教えてくれたのです。

父親は困り果てて、職場の同僚に相談したら「大丈夫か?俺の知り合いにそういう現象を科学的に検証しようとしている者がいるんだが、お前ヘルハウスとか見た事あるか」と聞かれます。

はたして、同僚が言うヘルハウスとは何なのでしょうか?

『怪談新耳袋 第37話 もうやめて』のまとめ

ホラードラマ『怪談 新耳袋 第2シリーズ 第37話 もうやめて』に関連する情報や感想を紹介するので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

晃のドラマブログの豆知識『ヘルハウス』

怪談新耳袋 第37話で登場する『ヘルハウス』ですが、これはオカルト映画で、あの有名なエクソシストが上映されてから数ヶ月後に、上映された作品になります。

この映画では、地獄邸と呼ばれる所に、5人の男女が乗り込み、悪霊と対決していく映画になっていて、ジャパニーズホラーとは大きく異なっています。

しかし、洋画のホラーが好きな方であれば、満足できる可能性は高いと思うので、一度は見ておく価値はあるでしょう。

『怪談新耳袋 第37話 もうやめて』の感想

第1シリーズでは、怖さが足りないなぁと思っていた回が多かったのですが、第2シリーズは最初からホラー全開でスリルのある内容になっています。

この先、何が起きるのか?全く予想する事ができなくなっていて、ハラハラしながら見る事ができます。

私であれば、こういう家は1日たりとも住めませんが、ヘルハウスとはまた懐かしい作品名が出てきたなぁと思ってしまいましたね。

『怪談新耳袋 第2シリーズ』を見れる動画配信

怪談新耳袋 第1〜2・4〜5シリーズを見れる動画配信は『Hulu』です。ただし時期が過ぎたら、配信が終了する可能性があるので、注意して下さい。

Huluは月額933円(税抜)で、このドラマの他にも、様々な映画・ドラマ・アニメなどが見放題になっています。

初めてHuluに入会した場合には、2週間の間は無料なので、その間に、怪談新耳袋 第2シリーズを見る事が可能です。