晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

『麒麟がくる』斎藤龍興役の伊藤英明が学友と対立

麒麟がくるの岐阜城

2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』で、伊藤英明さんが斎藤龍興役を演じる事により、学友の明智光秀(演:長谷川博己)と対立する事になるので、詳しく紹介しましょう。

斎藤家の争いが明智光秀の苦難の始まり!

明智光秀と言えば、朝倉家の家臣というイメージが強くて、朝倉義景から織田信長に寝返って、最後に織田信長を討った事は有名な話です。

しかし、元々は斎藤家の家臣だったのです。本来であれば、美濃で平穏な暮らしをできるはずだったのに、斎藤道三と斎藤龍興が親子で争うようになって、明智光秀は道三側についてしまいました。

その争いは、斎藤龍興が勝利してしまったので、明智光秀は家族離散という憂き目にあってしまいます。

『麒麟がくる』では、明智光秀と斎藤龍興は学友という事で、ストーリーが展開されていくので、斎藤龍興役の伊藤英明さんが、学友と対立してまでも父親を討つ事になってしまいます。

海猿で活躍した伊藤英明さんが、その苦しい立場をどうやって演じていくのか興味をそそられる所です。

伊藤英明の出世作『海猿』

伊藤英明さんの出世作と言えば、多くの方たちが知っているように、アクション映画・アクションドラマである『海猿』でしょう。他の方が違うと言っても、自分はそう思います。

海猿では、未熟で血気盛んな海上保安官『仙崎大輔(演:伊藤英明)』が、海上で救助をしていくドラマです。このドラマによって、海上保安官に尊敬の念が集まった事もあり、その影響の大きさがよく分かります。

しかし、その反面で、伊藤英明さんと言えば『海猿!』というイメージが強く残ってしまっているので、大河ドラマ『麒麟がくる』で違うイメージを定着させる事ができるのか?注目したい所ですね。

斎藤龍興が天下を取る方法

大河ドラマ『麒麟がくる』が間近に迫っている事もあって、私は斎藤龍興が天下を取れる可能性は、どれほどあったのだろうかと思ってしまいます。

美濃と言えば大国なので、約2万もの大軍を動員する事は可能でしょう。しかし、父親を討った事もあって、国はやはり安定していなかったのかもしれないとう思いもあります。

さらに、南には織田信長という強敵が控えていましたし、斎藤軍だけで織田信長を討つ事は可能か?……と思ったら、やはり可能だったと思います。

なぜなら、美濃には天才軍師『竹中半兵衛』がいたからです。斎藤龍興が長生きして、竹中半兵衛を軍師として、尾張を占領できたら、天下を取れたのかもしれないと思ってしまうので早逝が悔やまれますね。