晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

拝み屋怪談Ⅱ(第10話)月川涙とムサカリ絵馬の恐ろしい話

拝み屋怪談Ⅱ(第10話)では、月川涙というタルパが、なぜか横顔を見せるような状態で現れます。実は、それには大きな理由があったので、詳しく紹介しましょう。

『拝み屋怪談Ⅱ』のキャスト

『拝み屋怪談Ⅱ』は、dtvチャンネルで、2019年年7月6日から放送が開始されたホラードラマです。 

監督&脚本

『拝み屋怪談Ⅱ』の監督や脚本は、以下の通りです。

  • 監督:清水厚&大畑創
  • 脚本: 小中千昭

登場人物&役者

TVドラマ『拝み屋怪談Ⅱ』に登場する人物や役者さんたちは、以下の通りです。

  • 郷内心瞳(演:藤田富)/拝み屋を生業にしている男
  • 郷内真弓(演:北原里英)/心瞳の妻
  • 桐島加奈江(演:鎌田らい樹)/謎の少女
  • 小橋美琴(演:久住小春)/霊能師

『拝み屋怪談Ⅱ 第10話』のストーリー

東北のある地方では『ムサカリ絵馬』という古いしきたりがあります。そのしきたりというのは、未婚で亡くなった女性を弔うために、絵馬に亡くなった女性と伴侶の男性を描くというものでした。

ところが、このしきたりをよく知らない男性が、古いお寺を訪れた時に、可愛らしい女性が描かれた絵馬があったので、スマホで自分の顔画像を出して、絵馬の女性の隣に並べてしまいます。

それからというもの、男性は亡くなった女性の幽霊につきまとわれるようになって「あの時の絵馬の」と気づきましたが、すでに手遅れでした。

このしきたりでは、生きている伴侶を描いたら、あの世に連れていかれるので、生きている人間を描いてはいけないと決められていたのです。

話は、紫色のタルパのほうに戻りますが、このタルパの名前は『月川涙』という者でした。食堂の地下に住む男が思い描くタルパだったのですが、小橋が男の相談に乗るうちに、何と月川涙が小橋の家に現れるようになったのです!

小橋は驚いて「月川涙?」と呼びかけたら「私?私?」と言いながら、横顔のタルパが正面を向いたら、何と顔半分は血だらけになっていました。小橋は驚いて悲鳴をあげてしまい、その相談を今度は心瞳に打ち明けます。

そうしたら、月川涙は今度は心瞳の前に現れるようになったのです。はたして、心瞳は月川涙も葬る事になるのでしょうか?

『拝み屋怪談Ⅱ 第10話』の感想

前回では、月川涙が横顔しか見せないので、なにか理由があるはずと思っていたら、顔半分が血だらけになっていました。

女性にとっては、顔に傷がついていたら、他人に見せたくないものですから、顔半分を隠すように横顔になっていたのであれば、その気持ちはよく分かりますね。

そして、心瞳の前に月川涙が現れた時には、「キャァー!」と女の悲鳴が聞こえてから、道端で月川涙が倒れて、血だらけになっていました。

恐らく、月川涙はビルから飛び降りて自ら命を経った女性ではないでしょうか?生前に顔に傷が付いたのか?亡くなる時に傷が付いたのかは知りませんが、そうなるとタルパというのは空想だけではないような気がしてくるので、今後の展開が楽しみです。