晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

怪談新耳袋(第8話)堀ノ内美月が仏壇を開けて幽霊が出現?

怪談新耳袋の画像

ホラードラマ『怪談新耳袋 第2シリーズ 第8話 開けちゃだめ』では、つぐみ(演:堀ノ内美月)が、祖父から止められていたのに仏壇の扉を開けてしまいます。その行為によって、最悪の展開が待っていたので詳しく紹介しましょう。

『怪談新耳袋 第8話 開けちゃだめ』のキャスト

ホラードラマ『怪談新耳袋 第2シリーズ』は、2003年8月から放送開始されました。

  • 監督:堀江慶
  • つぐみ役:堀ノ内美月

『怪談新耳袋 第8話 開けちゃだめ』のストーリー

祖父は「つぐみ、今日は仏壇、絶対に開けちゃダメだからね」とクギを刺して、つぐみの母と一緒に出かけていきます。

しかし、つぐみとしては開けるなと言われたら、逆に開けたくなってしまい仏壇の前で立ち尽くしてしまうのです。そして、つぐみはゆっくりと仏壇の扉を開けてしまいました。

仏壇の扉を空けても、母親の顔に似ている遺影が立てられているだけで、拍子抜けしてしまいます。ところが、いつの間にか背後に自分と同じ年齢ぐらいの小さな女の子がいたのです。

つぐみは、その小さな女の子と一緒に遊んでいましたが、ジュースを用意している間に、女の子はいなくなってしまいました。

つぐみは庭まで行って探しても見つからなかったのですが、部屋に戻ったら、いきなり女の子が現れて仏壇の中へ引きずりこもうとするのです。そんな時、仏壇の遺影が倒れてしまって、小さな女の子は仏壇へ入っていき扉が閉められました。

そこへ祖父が現れますが、なぜか一人だけでした。つぐみは「お母さんは?お母さんは?」と尋ねても「開けただろう」と逆に聞かれてしまうのです。はたして、あの仏壇は何だったのでしょうか?

『怪談新耳袋 第8話 開けちゃだめ』のまとめ

ホラードラマ『怪談 新耳袋 第2シリーズ 第8話 開けちゃだめ』に関連する情報や感想を紹介するので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

晃のドラマブログの豆知識『仏壇で起こる心霊現象』

仏壇付近で心霊現象は起きやすいのですが、私はこの話は100%信用しますね。

なぜなら、私がお盆休みに実家で、仏壇の近くでグーグーと寝ていたら心霊現象を体験したからです。

それは、仏壇の近くで眠っていたら「アハハハハハ」と大きな笑い声が聞こえていたので『どうせテレビの音だろう』と思って、親か兄貴か知らんがテレビ消せよなぁと思って、そのまま眠り続けました。

ところが、そのうち、自分の顔をギュウウウウと信じられないほどの強い力で握り締められてしまったのです。驚いて起きてみたら、深夜の1時30分ごろでテレビは消えていたし、その部屋には自分以外、誰もいませんでした。

鏡を見に行ったら、自分の顔が握り締められているアトが少しだけ残っていたので、恐怖で凍りつきましたね。朝になり家族に話しても全く相手にされなかったので、お盆の時期は可能な限り仏壇には近づきたくないですねぇ。

もしかしたら、仏壇の近くでぐーぐーと思わず寝ていたので、先祖が怒ったのかな?と思っています。

『怪談新耳袋 第8話 開けちゃだめ』の感想

つぐみは、開けちゃダメと言われても、開けてしまいますが、そう言われたら開けたくなるよなぁと納得してしまいますね。逆に、あの祖父は仏壇を開けて欲しかったのではないだろうか?と思ってしまう展開でした。

さらに、母親の事を聞かれても何も答えようとしない祖父を見ていたら「もしかしたら、つぐみが仏壇の扉を開ける事により、母は亡くなってしまったのではないか」と想像してしまいますね。

『怪談新耳袋 第2シリーズ』を見れる動画配信

怪談新耳袋 第1〜2・4〜5シリーズを見れる動画配信は『Hulu』です。ただし時期が過ぎたら、配信が終了する可能性があるので、注意して下さい。

Huluは月額933円(税抜)で、このドラマの他にも、様々な映画・ドラマ・アニメなどが見放題になっています。

初めてHuluに入会した場合には、2週間の間は無料なので、その間に、怪談新耳袋 第2シリーズを見る事が可能です。