晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

怪談新耳袋(第43話)今井春奈が見た不気味な影!

怪談新耳袋の画像

ホラードラマ『怪談新耳袋 第3シリーズ 第43話 正座する影』では、ユキ(演:今井春奈)が、不 気味な影を見てしまいます。それは、あの有名な『ひとりかくれんぼ』に共通するものもあるので、詳しく紹介しましょう。

『怪談新耳袋 第43話 正座する影』のキャスト

ホラードラマ『怪談新耳袋 第3シリーズ』は、2004年5月から放送開始されました。

  • 監督:井口昇
  • ユキ役:今井春奈

『怪談新耳袋 第43話 正座する影』のストーリー

ユキは、修学旅行で、多くの友達と一緒に宿泊先にいました。友達は枕投げで楽しく遊んでいたのに、一人でなければ眠れない体質だったので、憂うつになってしまいます。

親友のメグミは、そんなユキを気にかけて「眠れない時は無理に寝なくても良いよ。私は、おまじないをしてから寝ているよ」と優しく接してくれるので、思わず頬がゆるみます。

しかし、消灯の時間になっても、ユキは眠れなくなって、ふと窓のほうを見たら、正座をしている黒い影のようなものを見てしまうのです。

最初はメグミかと思ったら、首を前後にコックリコックリと動かすので『うとうとしているのかな?』と気になってしまいます。ところが、隣を見てみたら、メグミは布団に入って寝ていたのです。

そして、逆の方向を振り向いたら、何と黒い影は、あと二人もいたのです。しかも今度は、高速で首を『ガクガクガクガク』と動いてしまうので、恐ろしさのあまり震えてしまいます。

黒い影は、やがて集まりだして、メグミの周りで生米を『ぐちゃぐちゃ』と噛みだして、口から多くの生米がメグミに落ちていきました。はたして、この黒い影は何なのでしょうか?

『怪談新耳袋 第43話 正座する影』のまとめ

ホラードラマ『怪談 新耳袋 第3シリーズ 第43話 正座する影』に関連する情報や感想を紹介するので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

晃のドラマブログの豆知識『ひとりかくれんぼに必要な生米』

世の中には、行ってはいけないものがいくつもあって、それは『合わせ鏡』や『裏拍手』などです。しかし、それよりも行ってはいけないものとして有名なのが『ひとりかくれんぼ』です。

このひとりかくれんぼとは、午前3時にぬいぐるみの中に『米』と『自分の爪』を入れておきます。そして、このぬいぐるみを使って『降霊術』に近い方法で、遊ぶ訳ですが危険も多いので注意が必要です。

それでも、ひとりかくれんぼをしてみたいと思った方は、下のサイトで詳しく紹介しているので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

learn-tesou.com

『怪談新耳袋 第43話 正座する影』の感想

今回は、生米を噛む幽霊みたいなのが登場しますが、意外と生米は神聖な場で使う事があるので、あながちドラマだけという訳ではありません。

しかし、生米はどちらかと言えば『除霊』に使う事が多いので、幽霊が生米を食べるのかと思ったら、少し不思議な感じはしますね。

私のオカルト知識でも、少し理解できない所はありましたが、夜中に生米を食べている者が近くにいたら、それは震えてしまいます。お腹が空いていても「自分にも分けてくれ!」と頼めないでしょう。