晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

これは経費で落ちません(第9話)買収されたほうが幸せだ!

これは経費で落ちませんの画像

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/drama10/keihi/

これは経費で落ちません(第9話)では、天・天コーポレショーンが買収されそうになりますが、実は買収されたほうが幸せな事例もあるので詳しく紹介しましょう。

『これは経費で落ちません』のあらすじ

NHKのヒューマンドラマ『これは経費で落ちません』の今までのあらすじを見たい方は、下の内部リンクをクリックして下さい。そうすれば、今までのあらすじ・キャスト・私の感想などを見る事が可能です。

www.akira-blog.com

『これは経費で落ちません 第9話』のキャスト

『これは経費でおちません』は、2019年7月27から放送が始まったドラマです。

監督&脚本

『これは経費でおちません』の脚本や演出の方たちは、以下の通りです。

  • 脚本:渡辺千穂&藤平久子&蛭田直美
  • 演出:中島悟&松永洋一
  • 原作:青木祐子 

ドラマの主題歌

『これは経費でおちません』のエンディングテーマ曲は、阿部真央さんの『どうしますか、あなたなら』です。

登場人物&役者

TVドラマ『これは経費で落ちません 第9話』に登場する人物や役者さんたちは、以下の通りです。

  • 森若沙名子(演:多部未華子)/鬼のように経費を管理するOL
  • 山田太陽(演:重岡大毅)/営業部のエース
  • 佐々木真夕(演:伊藤沙莉)/森若の後輩
  • 山崎柊一(演:桐山漣)/優秀な営業部員であり礼儀正しい性格
  • 中島希梨香(演:松井愛莉)/仕事より恋を優先する女性社員
  • 鏡美月(演:韓英恵)/森若の同期
  • 吉村晃広(演:角田晃広)/営業部長にして経理を見下す性格
  • 皆瀬織子(演:片瀬那奈)/広告塔を務める女性
  • 新島宗一郎(演:モロ師岡)/総務部長でリスクを管理する人物
  • 田倉勇太郎(演:平山浩行)/森若の先輩
  • 新発田英輝(演:吹越満)/経理部長だが営業部長と犬猿の仲
  • 麻吹美華(演:江口のりこ)/経理部の新人
  • 荒井樹菜(演:筧美和子)/山田の後輩
  • 円城格馬(演:橋本淳)/社長の御曹司
  • リー(演:バッファロー吾郎A)/麻吹の知人
  • 土井(演:宇納佑)/サンライフコスメ執行役員
  • 上野(演:有山尚宏)/企業買収コンサルタント
  • 有本マリナ(演:ベッキー)/社内で不穏な動きを見せるOL

『これは経費でおちません 第9話』のストーリー

森若は、山田と浴衣デートをして楽しんでいたら、雨に打たれてしまって、散々なデートになってしまいます。雨に打たれてしまった森若は風邪をひいてしまうので、その日は会社を休む事になり、山田が弟の振りをして会社に連絡をします。

ところが、経理部では「森若さんに弟さんなんていたかな?」と、困惑してしまう社員が続出してしまいました。そんな時に、天・天コーポレーションを揺るがす大事件が起きてしまったのです。

何と、企業の極秘情報が流出してしまって、その犯人が森若ではないかという疑惑が持ち上がってしまいました。経理部の人間や山田は、森若を信じますが、社内では森若のような真面目にしている社員が怪しいと話し合ってしまうのです。

円城は、これを良い機会と考えて、以前から発動しようとしていた『経理部のアウトソーシング計画』を推し進めようとします。

経理部では、誰が情報を流したのか犯人を探そうとしたら、有本が副業で働いているお店で、部長たちを接待している事が分かります。

森若たちは、夜になってから、お店近くまで尾行したら、そこでは何と企業買収コンサルタントや、天・天コーポレーションのライバル社の人間までいたのです!

経理部の人間たちは、部長たちは円城に反旗を翻すために、天・天コーポレーションを売りとばそうとしているのではないかと思いますが、どうなっていくのでしょうか?

『これは経費でおちません 第9話』のまとめ

TVドラマ『これは経費でおちません 第9話』の関連情報や、感想などを紹介するので、興味のある方は、参考にしてみて下さい。 

これは経費でおちませんの豆知識『買収されたほうが幸せな事例』

企業に買収されたら『惨め』であるとか『不幸』というイメージがつきそうなものですが、そうではない事例もあります。

その代表的事例が、ソフトバンクの球団買収です。それまで資金繰りに苦労していた球団だったのに、ソフトバンクに買収されてから、資金繰りに苦労する事もなく、西武ライオンズのライバル球団になるほど急成長したのです!

そういった事を考えたら、自社の上司に納得できなかったら、企業を売り飛ばすのも悪くないかもしれませんね。ソフトバンクの事例については、下のサイトで詳しく紹介されています。

business.nikkei.com

『これは経費でおちません 第9話』の感想

森若は、山田と良い関係になっていきますが、営業のエースである山崎が割って入ってくるような展開になっていきました。

山崎と森若は、どちらとも優秀な社員なので、お似合いの感じはしますが、性格的には森若と山田のほうが、ウマが合うんでしょうね。

それにしても、あれほど自身たっぷりになっていた円城が、この後は窮地に陥ってしまうかもしれないかと思うと、次の最終回が楽しみで仕方がないですね。