晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

これは経費で落ちません(最終話)重岡大毅で女性の口説き方を勉強

これは経費で落ちませんの画像

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/drama10/keihi/

これは経費でおちません(最終話)では、山田(演:重岡大毅)が、森若(演:多部未華子)にプロポーズしますが、時代遅れの内容で女性の反感を買ってしまいます。そこで、現代の女性を口説くには、どう言ったら良いのか紹介していきましょう。

『これは経費で落ちません』のあらすじ

NHKのヒューマンドラマ『これは経費で落ちません』の今までのあらすじを見たい方は、下の内部リンクをクリックして下さい。そうすれば、今までのあらすじ・キャスト・私の感想などを見る事が可能です。

www.akira-blog.com

『これは経費で落ちません 最終話』のキャスト

『これは経費でおちません』は、2019年7月27から放送が始sまったドラマです。

監督&脚本

『これは経費でおちません』の脚本や演出の方たちは、以下の通りです。

  • 脚本:渡辺千穂&藤平久子&蛭田直美
  • 演出:中島悟&松永洋一
  • 原作:青木祐子 

ドラマの主題歌

『これは経費でおちません』のエンディングテーマ曲は、阿部真央さんの『どうしますか、あなたなら』です。

登場人物&役者

TVドラマ『これは経費でおちません 最終話』に登場する人物や役者さんたちは、以下の通りです。

  • 森若沙名子(演:多部未華子)/鬼のように経費を管理するOL
  • 山田太陽(演:重岡大毅)/営業部のエース
  • 佐々木真夕(演:伊藤沙莉)/森若の後輩
  • 山崎柊一(演:桐山漣)/優秀な営業部員であり礼儀正しい性格
  • 中島希梨香(演:松井愛莉)/仕事より恋を優先する女性社員
  • 鏡美月(演:韓英恵)/森若の同期
  • 吉村晃広(演:角田晃広)/営業部長にして経理を見下す性格
  • 皆瀬織子(演:片瀬那奈)/広告塔を務める女性
  • 新島宗一郎(演:モロ師岡)/総務部長でリスクを管理する人物
  • 田倉勇太郎(演:平山浩行)/森若の先輩
  • 新発田英輝(演:吹越満)/経理部長だが営業部長と犬猿の仲
  • 麻吹美華(演:江口のりこ)/経理部の新人
  • 円城格馬(演:橋本淳)/社長の御曹司
  • 土井(演:宇納佑)/サンライフコスメ執行役員
  • 上野(演:有山尚宏)/企業買収コンサルタント
  • 有本マリナ(演:ベッキー)/社内で不穏な動きを見せるOL

『これは経費でおちません 最終話』のストーリー

円城は、DNAを反映させた石鹸の開発を考えていて、その値段を安くするためにも、コストダウンが必要と考えていました。コストダウンするには、アウトソーシングを進めて、社員をリストラしようとしていたのです。

部長たちはそれを防ぐために、自分たちの企業が、大企業の子会社になる事によって、新しい事業を推し進める事を画策していました。森若は、その話を聞いて、少し納得できたのですが、かつて山田から告白された内容が引っかかっていたのです。

そこで、森若は友達の美月に、山田から「毎日私がいてくれて、美味しいご飯があったら幸せ。仕事がなくなっても、俺が食わせる」と言われた事を打ち明けます。

美月は「古(ふる)!何世紀前のプロポーズよ、それ?最低!何で森若がいつも一緒にいて料理しなくちゃいけないのよ。森若が何が幸せか分かってなくない?」と呆れかえってしまうのです。

その頃になって、ようやく山田も自分の告白が、いかに森若の事を考えていなかったのか謝ります。森若は「大丈夫です」と言ってくれたので、二人の間のわだかまりは解けました。

しかし、サンライフコスメの土井は、天・天コーポレーションを買収したら、技術だけを盗んで新事業には力を貸さない事が分かってしまいます。森若たちは、自分たちの会社を守ろうとしますが、はたして土井の企みを阻止できるのでしょうか?

『これは経費でおちません 最終話』のまとめ

TVドラマ『これは経費でおちません 最終話』の関連情報や、感想などを紹介するので、興味のある方は、参考にしてみて下さい。 

これは経費でおちませんの豆知識『現代版の口説き方』

日本では、まだまだ男女の格差が違っていますが、それでも、女性の社会進出はだいぶ進みました。そのため、山田のように「俺が食わせる」とか「料理を作って欲しい」などのようなプロポーズは時代遅れになってしまうのです。

それよりも、男性も「育児」や「家事」を一緒に手伝うような姿勢を見せる事が重要になるでしょう。

そのような事を考えたら「結婚した後も、一緒に支え合って、お互いに仕事を頑張れるようになろう」とか、そういったプロポーズのほうが無難と言えますね。

『これは経費でおちません 最終話』の感想

山田太陽のプロポーズは時代遅れですが、その内容を友達にバラされるのは、男の側からすると「ちょっと勘弁して!」と言いたくなってしまいましたね。

そして、今回は山田太陽が香港へ出張する事になりますが、その前に森若に領収書を渡しますが、領収書にはある細工がしていました。森若は、その細工に気づいて、山田に「これは経費で落とせません!」と突っ返しますが、その資料に何があるのか?

そこが最終話の大きな見所であり、最後の最後まで、経費をからめたヒューマンドラマで面白かったなぁと感慨深くなるシリーズでしたね。