晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

拝み屋怪談(第2話)若者たちを見つめる不気味な人形

拝み屋怪談_第2話の画像

出典:Amazon.co.jp: 拝み屋怪談を観る | Prime Video

若者たちが、心霊スポットの廃屋に入って、肝試しに挑もうとしたら、そこで不思議な心霊現象が起きてしまうので詳しく紹介しましょう。

『拝み屋怪談』のキャスト

『拝み屋怪談』は、拝み屋の心瞳が除霊をしていくホラードラマです。 

監督&脚本

『拝み屋怪談』の監督や脚本は、以下の通りです。

  • 監督:清水厚
  • 脚本: 小中千昭

登場人物&役者

TVドラマ『拝み屋怪談』に登場する人物や役者さんたちは、以下の通りです。

  • 郷内心瞳(演:藤田富)/拝み屋を生業にしている男
  • 桐島加奈江(演:鎌田らい樹)/謎の少女

『拝み屋怪談 最終話』のストーリー

若い頃に廃屋にいった事のある若者は、それから数年後にビデオを処分しようと思って整理していたら、なぜか廃屋で寝転がっている自分がビデオの映像で残っている事に気づきます。

その理由を心瞳に尋ねても、彼は無言のままなので、静まり返ってしまうだけでした。

毎日多くの者たちが、心瞳のもとを訪れていて、その中には、息子を溺愛する困った者もいました。その息子シンヤは強大な霊力を持っていて、遊び半分で、身内の鼓膜を破る事もあり、尊大な態度を取ってしまう始末。

母親は、息子を気にかけていましたが、あまりの尊大な態度を取る男だったので、心瞳は彼を相手にしようとしません。シンヤは心瞳に罵詈雑言を吐き捨てて帰って行きました。

そんな事が続く中で、ある若者たちが心霊スポットへ入って行ったら、別の団体も心霊スポットの廃屋の中から現れます。

同じようなオカルト仲間だと思っていたら、一人の男には、カップルの二人しか現れていないように見えたのですが、他の仲間達には数人の団体が見えてしまったのです。

その事に気付いた仲間たちは驚いて逃げ帰っていきますが、廃屋の中にあった不気味な人形は、団体が走り去った後に、忽然と消えてしまいます。はたして、あの人形は何だったのでしょうか?

『拝み屋怪談 第2話』の感想

廃屋には、何やらフランス人形に似たもので、少し不気味な感じがただよっているシーンが流れてきました。人形でホラーと言えば、日本人形が鉄板ものですが、今回はフランス人形のようなもので、少し斬新な感じがしましたね。

やはり、こういうシーンを見ると、廃屋に行く者が悪いと思ってしまいますね。

今回は、心瞳のライバルが登場して、不遜な態度を取りますが、生きている人間同士が戦うよりは心霊をもっと多く登場して欲しいなぁと感じてしまいました。