晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

拝み屋怪談 第4話!手品師が見せた恐ろしい物

f:id:akira2013web:20191002055416j:plain

出典:Amazon.co.jp: 拝み屋怪談を観る | Prime Video

拝み屋怪談 第4話では、手品師がカップ麺から恐ろしい物を見せて、ラーメン屋を経営する女性を震え上がらせます。その恐ろしい物が何だったのか?詳しく紹介しましょう。

『拝み屋怪談』のキャスト

『拝み屋怪談』は、拝み屋の心瞳が除霊をしていくホラードラマです。 

監督&脚本

『拝み屋怪談』の監督や脚本は、以下の通りです。

  • 監督:清水厚
  • 脚本: 小中千昭

登場人物&役者

TVドラマ『拝み屋怪談』に登場する人物や役者さんたちは、以下の通りです。

  • 郷内心瞳(演:藤田富)/拝み屋を生業にしている男

『拝み屋怪談 第4話』のストーリー

ある夫婦は、ラーメン屋を経営しながら息子を育てていましたが、お客の中に風変わりな青年がやってきます。

青年はカップ麺を持ち込んできたので、注意しますが、なぜかカップ麺を食べていったら、用意していたチャーシューメンが無くなっていました。

夫婦は驚きますが、ただの手品師だろうと思ったら、青年は帰り際に「お子さんの指はこうなりますよ」と言ってきて、何とカップ麺の中に切断された指があったのです!

母親は驚いて息子の指を調べますが、何ともありませんでした。ただし、数日後に、息子は大型犬に指を出してしまって、噛みちぎられてしまったのです。

そして、他のラーメン屋でもおかしな出来事が起きて、夜中に水着姿の女性二人が「沖に流されたので暖かいものを食べさせて下さい」と頼み込んできました。店長は同情して、ラーメンを食べさせたら、二人は忽然と消えてしまったのです。

店長は、その時になって思い出してしまいました。近くの海辺で、若い女性たちが沖に流されて亡くなった事故の事を。

ラーメン屋で怪奇現象が起きている間に、心瞳は先輩の拝み屋に、仕事の相談に行っていたら、先輩も同じように仕事に悩んでいました。

何と、若い女性が父を呪い殺して欲しいと言うのです。はたして、拝み屋はその願いを叶えてしまうのでしょうか?

『拝み屋怪談 第4話』の感想

今回は、正体不明の手品師が出現しますが、恐らく未来に起きてしまう事をカップ麺の中に入れる事ができるのでしょう。そのため、チャーシューメンを用意している時に、すでにカップ麺の中にチャーシュメンを入れる事が可能だったハズです。

少年の指がカップ麺に入っていたのも、そういう事であれば納得できますが、切断された指が入っているのは怖いですね。

そして、水着姿の女性たちが閉店時間のラーメン屋に入ってくるシーンもありますが、海辺の近くでは、こういう怪奇現象は起こりやすいのが怖い所です。

心瞳の先輩に、呪い殺して欲しいと言ってくる女性もいますが、呪いは最終的に自分へ返ってくるので、絶対に辞めたほうが良いでしょう。