晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

拝み屋怪談 第5話!小川未祐が見た幻の姉

拝み屋怪談_第5話の画像

出典:Amazon.co.jp: 拝み屋怪談を観る | Prime Video

拝み屋怪談 第5話では、ミト(演:小川未祐)が廃屋で幻の姉を見てしまって、その後に本物の姉が恐ろしい体験をしてしまうので、詳しく紹介しましょう。

『拝み屋怪談』のキャスト

『拝み屋怪談』は、拝み屋の心瞳が除霊をしていくホラードラマです。

監督&脚本

『拝み屋怪談』の監督や脚本は、以下の通りです。

  • 監督:清水厚
  • 脚本: 小中千昭

登場人物&役者

TVドラマ『拝み屋怪談』に登場する人物や役者さんたちは、以下の通りです。

  • 郷内心瞳(演:藤田富)/拝み屋を生業にしている男
  • ミト(演:小川未祐)/廃屋に入っていく女性

『拝み屋怪談 第5話』のストーリー

ミトは、学生時代に仲良しの二人と一緒に廃屋へ入って、肝試しをしようとしたら、白い布がかけられているのを見てしまいます。

風がないのに、なぜか白い布がゆらゆらと揺れていて、布の奥には何と人が立っていったのです!二人は急いで逃げて行きましたが、ミトが奥にいる人間をよく見ていたら姉のタエコでした。

しかし、タエコは病院で入院していたので、そこにいるハズはなかったのです。それから、しばらく経って、その廃屋は取り壊されて営業ビルが建てられました。

何かの偶然なのか、姉のタエコは退院をした後に、その営業ビルで働く事になったのです。タエコは、夜遅くまで残業をしていたら、どこからともなく不思議な音や声が聞こえるようになって、オフィスに置かれた紙が次々と吹っ飛んでいったのです。

タエコはあまりの怖さに動けなくなったら、今度は足を『ガッ』と掴まれたので、恐る恐る足を見たら、女の幽霊が足を掴んで、ジィーっとタエコを見つめていたのです!

心瞳は、タエコの恐ろしい話だけではなく、他の女性からも恐ろしい話を聞いていました。その女性は、若い頃に不思議な箱をみつけて、その中には人形のような生首があったのです。

しかし、その人形はゆっくりと女性のほうへ視線を動かして、意味不明な事をつぶやきだしました。はたして、この生首は何だったのでしょうか?

『拝み屋怪談 第5話』のまとめ

拝み屋怪談 第5話に関連する情報や感想などを紹介するので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

晃のドラマブログの豆知識『小川未祐の目力』

小川未祐の画像

出典:http://www.hirata-office.jp/talent_profile/woman/miyu_ogawa.html

小川未祐さんは、可愛らしい顔立ちをしていますが、目力が強くて、独特の雰囲気を漂わせる女優さんです。

まだ若い女優さんなので、出演作は多くありませんが、その独特な雰囲気や演技力を考えたら、これから広瀬すずさんと同じぐらい活躍するポテンシャルは十分にあるでしょう。

ドラマの出演回数は少なくても、CMには何本か出演していて、知名度がグングンとあがっていて、広瀬すずさんのライバルになるのか?期待大の女優さんですね。

  • 名前:小川未祐
  • 生年月日:2001年3月25日
  • 星座:牡羊座
  • 出身地:東京都
  • 身長:166cm
  • 特技:ダンス・バレエ・ピアノ

『拝み屋怪談 第5話』の感想

第5話で、最も恐ろしいシーンは、やはり箱の中に入った生首ですね。子供たちが屋根裏に入って、箱のフタを開けたら生首を発見しますが、そこで『うわぁ』と喜んでしまいます。

しかし、それを見ていたら『いやいやいや、それは怖がる所ではないのか?』と思ってしまいましたね。

なかなかリアルな生首で驚きましたが、こういった演出もホラードラマならではでした。

そして、このドラマで始めて小川未祐さんを知りましたが「目力が強いなぁ」と思ったのが第一印象でしたが、透明感のある女優さんで思わずウットリとしてしまいます。

恐らく、これからは主演作が増えていくと思うので、楽しみで仕方ないです。