晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

拝み屋怪談 第9話!水谷源流にさとされる心瞳

"拝み屋怪談_第9話の画像

出典:Amazon.co.jp: 拝み屋怪談を観る | Prime Video

拝み屋怪談 第9話では、心瞳が桐島加奈江と会ってから、大きな変化が起きるようになって悩み込むようになります。心瞳は、拝み屋の師匠である水谷源流に相談しようとするので、詳しく紹介しましょう。

『拝み屋怪談』のキャスト

『拝み屋怪談』は、拝み屋の心瞳が除霊をしていくホラードラマです。 

監督&脚本

『拝み屋怪談』の監督や脚本は、以下の通りです。

  • 監督:清水厚
  • 脚本: 小中千昭

登場人物&役者

TVドラマ『拝み屋怪談』に登場する人物や役者さんたちは、以下の通りです。

  • 郷内心瞳(演:藤田富)/拝み屋を生業にしている男
  • 桐島加奈江(演:鎌田らい樹)/謎の少女

『拝み屋怪談 第9話』のストーリー

心瞳は、桐島加奈江に会ってから、幽霊が見えやすくなってしまいました。ある時、公園でいたら、顔がゆがんだ女の幽霊につきまとわれるようになってしまって、急いで帰ろうとするのです。

ところが、帰り道では、のっぺらぼうのサラリーマンと遭遇してしまって、帰宅する頃には疲れ切ってしまいました。

そんな日々が続く中で、再び桐島加奈江が現れて「死に損ない」と罵られてしまうのです。拝み屋になっても、未だに桐島加奈江の恐怖から逃れる事はできませんでした。

そして、心瞳は今度は、自分の分身が木箱をつかんでいる光景を見てしまったので、何とか分身を捕まえようとします。しかし、分身を捕まえる事はできずに、木箱だけが残りました。

木箱の中には、かつて強引に渡された石があったので、拝み屋の師匠の水谷源流に相談しようとします。しかし、水谷源流は「これは自分で始末をつけるんだ。私が今、助けた所で、それは本当の助けにならない」とさとします。

心瞳は、その通りだと思って帰ろうとしますが、水谷源流は「それを始末したら、今度手伝って欲しいものがあるんだ」と声をかけます。

はたして、水谷源流が頼みたい事は、何なのでしょうか?

『拝み屋怪談 第9話』のまとめ

拝み屋怪談 第9話に関連する情報や感想などを紹介するので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

晃のドラマブログの豆知識『霊力の見える者の悩み』

心瞳は、桐島加奈江に会ってから、幽霊を見えやすくなりましたが、これは霊力が上がった可能性が高いのでしょう。

幽霊に会いやすい人と会いづらい人がいますが、その差は霊力と言えます。霊力が低ければ、幽霊を見る事は難しいのですが、霊力が高くなってしまえば、今まで見えなかった幽霊が見える可能性が高くなってしまいます。

そのような事を考えたら、霊力が高くなってしまう事は、デメリットのほうが多そうなので、低いほうが幸せでしょうね。

『拝み屋怪談 第9話』の感想

水谷源流は、弟子に「自分で始末をするんだ」と言っておきながら「始末が済んだら、手伝って欲しい事がある」と言ってしまいます。

それを見たら「いやいや、弟子にそんな事を言うなら、そっちも自分で始末すればいいじゃん」と突っ込みたくなりましたね。

なにやら、理解しづらい師匠ですが、最終回も近づいているので、恐らく師匠の頼みを聞く所でクライマックスになるのかな?と興味津々になってしまいました。