晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

項羽と劉邦(第27話)崇信が晨曦を助けた理由

ドラマ『項羽と劉邦 King's War 第27話 閉じ込められた姫君』では、晨曦が遅冕に騙されて窮地に陥ってしまいます。ところが、趙高と同じ宦官である崇信が、なぜか晨曦を助けようとするので、その理由を紹介しましょう。

『第27話 閉じ込められた姫君』のキャスト

項羽と劉邦_第27話の画像1

出典:http://www.bsfuji.tv/kingswar/story/story27.html

『項羽と劉邦 King's War 第27話 閉じ込められた姫君』に登場した人物や役者さんたちは、以下の通りです。

秦帝国

中国初の統一王朝『秦帝国』に関連する人物や役者は以下の通りです。

  • 晨曦(演:シャオスーチンガォワー)/始皇帝の息子 扶蘇の娘
  • 章邯(演:ツァオ・ウェイユィ)/秦の名将
  • 司馬欣(演:ウー・シャオドン)/章邯を支える軍師
  • 燭花(演:スン・ジャチー)/晨曦に仕える女官
  • 崇信(演:チャン・シンファ)/秦の宦官

楚国

秦に滅ぼされた悲劇の楚国には、血の気の多い項羽や、身分の低い劉邦たちがいました。その楚国に関連する人物や役者たちは以下の通りです。

  • 項羽(演:ピーター・ホー)/項燕の孫で秦を憎む男
  • 項梁(演:ジュー・イェンピン)/項羽の叔父
  • 項伯(演:シュー・マオマオ)/項羽の叔父
  • 季布(演:リー・ユエン)/項羽の友
  • 鍾離昧(演:イエ・ポン)/項羽に仕える将軍
  • 龍且(演:ファン・ユィリン)/楚の猛将

漢(建国前)

400年にも及ぶ漢王朝(前漢・後漢)の建国に関連する人物や役者さんたちは、以下の通りです。

  • 劉邦(演:チェン・ダオミン)/多くの者たちに慕われる亭長
  • 樊噲(演:カン・カイ)/劉邦の弟分で気性が荒い
  • 曹参(演:シュー・シャオジェン)/蕭何の幼馴染

『第27話 閉じ込められた姫君』のストーリー

項羽と劉邦_第27話の画像2

出典:http://www.bsfuji.tv/kingswar/story/story27.html

晨曦は、戦地へ行っている夫を助けるために、崇信に会おうとします。そのため、遅冕に黄金を送って協力を求めたのですが、卑怯にも遅冕は晨曦をある部屋に閉じ込めてしまうのです。

あせってしまう晨曦に対して「あなたを趙高様に渡します」と高笑いしてしまうので「私は先帝の娘よ、こんな事をしてタダで済むと思っているの!」と激怒するのです。

しかし、今の秦を牛耳っているのは趙高だったので、遅冕は全く気にも留めないで去ってしまいました。晨曦は趙高に弱みを握られては、夫に迷惑をかけると思って、首を吊って命を絶とうとします。

ところが、崇信は遅冕をおびき寄せて、喉元に刀をつきつけて「晨曦様をどこに隠している」と白状させて、遅冕の首をかっ切って始末しました。

危うい所を崇信に助けてもらった晨曦は、その理由を尋ねますが、崇信は「国を助けるためでも、章邯のためでもなく、自分の野望のためです」と答えてしまいます。

戦地のほうでは、韓信が『章邯はわざと負け続けて、項梁を秦の領内深くまでおびき寄せている』と見破ります。韓信は項梁に忠言しますが、金を渡されるだけで、項梁は去っていきました。

韓信は「悲惨な最期を迎えますよ」と吐き捨てますが、はたして項梁はどうなってしまうのでしょうか?

『第27話 閉じ込められた姫君』のまとめ

項羽と劉邦_第27話の画像3

出典:http://www.bsfuji.tv/kingswar/story/story27.html

『項羽と劉邦 King's War 第27話 閉じ込められた姫君』の感想や、関連する情報を紹介するので、参考にしてみて下さい。

晃のドラマブログのまとめ『陸遜も採用した驕兵の計』

章邯は弱いフリをして、項梁を油断させて、領内の奥地までおびき寄せます。実は、三国時代でも、呉の陸遜が同じような策を使って、劉備を油断させて火攻めに及んだ事がありました。

www.akira-blog.com

この策は一歩間違えれば、味方が窮地に陥ってしまうので、諸刃の剣とも言えますが、それを敢然と行った陸遜や章邯がいかに優秀だったのか?歴史は雄弁に物語っています。

『第27話 閉じ込められた姫君』の感想

晨曦は頭の良い姫君でしたが、夫を救いたいあまり、危険な行為に及んでしまいます。そこを遅冕に利用されたので、この辺りは「やはりお姫様だよなぁ」と思ってしまいましたね。

しかし、野望のためとは言え、崇信が遅冕を始末して「早く晨曦様を助ける」と駆けつけようとするシーンは「おぉぉ!かっこいいじゃないか崇信」と見直してしまいました。

たとえ、どんな理由があっても、こういう行動をする人物は尊敬できますね。