晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

『ほんとにあった怖い話(2019年)机と海』は現代版の耳なし芳一

机と海の画像

出典:https://www.fujitv.co.jp/honkowa/story/index.html

ほんとにあった怖い話 20周年スペシャル 机と海では、田中真佐美(演:松本穂香)が、現代版の耳なし芳一になりそうになるので、詳しく紹介しましょう。

『ほんとにあった怖い話 机と海』のキャスト

ホラードラマ『ほんとにあった怖い話 机と海』は、2019年10月12日に放送されました。

脚本&演出

『ほんとにあった怖い話(2019)机と海』の演出や脚本は、以下の通りです。脚本 井上由美子

  • 脚本:酒巻浩史
  • 演出:森脇智延

登場人物&役者

『ほんとにあった怖い話(2019年)机と海』に登場した人物や役者さんたちは、以下の通りです。

  • 田中真佐美(演:松本穂香)
  • 川島有希(演:足立梨花)

『ほんとにあった怖い話(2019)机と海』のストーリー

田中は、念願の一人暮らしを始める際に、年季の入った机もありましたが、お気に入りだったので気にもとめていませんでした。

ところが、夜になって寝ようとしたら、金縛りにあってしまった上に、机のほうから『ギギ、ギギギ、ギギィ』という音が聞こえてきたのです。

さらに、家族が次々に病気になったり、怪我をしたりして、机と何か関係があるのではないかと心配になってきました。田中は、職場の先輩に相談して、そういうものに詳しい霊能力者と会う事になります。

霊能力者は「あなた机を買ったでしょ、それを九十九里浜へ持っていって、一人で深夜の3時ピッタリに燃やしなさい。そうしないと、もう私には手が負えない」と言われてしまったのです。

田中は、恐ろしいと思いながらも、真っ暗な3時に机を燃やし始めますが、背後から「すいません」と声をかけられるのです。この時になり、田中は思い出しました。

霊能力者から「机を燃やしている時に、背後から声をかけられるけど、絶対に振り向いてはダメ」と言われていた事を。

それでも、背後から「財布落としてますよ」と言われたり「聞こえているんでしょ?」と責められたりします。しかし、田中は必死に耳を抑えて耐えようとします。はたして、田中は机を燃やしきるまで、耐える事ができるのでしょうか?

『ほんとにあった怖い話(2019)机と海』の感想

机と海を見ていたら『これは、現代版の耳なし芳一みたいだなぁ』と思ってしまいましたね。耳なし芳一も、事前にお経を書いてもらって、事前に準備したにも関わらず、平家の怨霊の声に悩まされてしまいます。

それは、ドラマの特別版(怪談百物語)だけの話に限った話ではありましたが、内容がよく似ていたなぁと思ってしまいました。しかし、よく現代版にアレンジできていて、面白みがありましたし、身震いするほどの恐ろしさがありました。

www.akira-blog.com

そして、松本穂香さんは可愛らしいだけではなく、恐怖に震える演技にリアリティーがあって良かったですね。これから注目したい女優さんですね。