晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

『ほんとにあった怖い話(2019年)汲怨のまなざし』のストーリー

汲怨のまなざしの画像

出典:https://www.fujitv.co.jp/honkowa/story/index.html

ホラードラマ『ほんとにあった怖い話(2019年)汲怨のまなざし』では、宮崎孝史(演:佐藤健)が、女の幽霊にストーカーされてしまうので、詳しく紹介しましょう。

『ほんとにあった怖い話 汲怨のまなざし』のキャスト

ホラードラマ『ほんとにあった怖い話 汲怨のまなざし』は、2019年10月12日に放送されました。

脚本&演出

『ほんとにあった怖い話(2019年)汲怨のまなざし』の演出や脚本は、以下の通りです。脚本 井上由美子

  • 脚本:三宅隆太
  • 演出:森脇智延

登場人物&役者

『ほんとにあった怖い話(2019年)汲怨のまなざし』に登場した人物や役者さんたちは、以下の通りです。

  • 宮崎孝史(演:佐藤健)
  • アスカ(演:阿部純子)/孝史の妻
  • サトシ(演:森優理斗)/孝史とアスカの息子

『ほんとにあった怖い話 汲怨のまなざし』のストーリー

孝史は、最愛の妻子との生活を楽しんでいて、息子と一緒に「おんぶして、だっこしてまた明日」と歌っていたら、背後から気配を感じてしまいます。振り返ってみたら、そこには誰もいなかったので『気のせいか』と思ってしまいました。

ところが、会社から家に帰ろうとしたら、真っ暗な夜にも関わらず、自販機の隣にうずくまっている女性も見かけてしまいます。

心配になって声をかけますが、無反応だったので帰ろうとしたら、背後から「おんぶして、だっこしてまた明日」という歌声が聞こえてきたのです。孝史は驚いて、振り向いたら、そこには長い黒髪の女性が無表情でゆっくりと近づいてきました。

孝史は急いで家に帰っていきますが、翌日になり息子と一緒にバスに乗ったら、昨日の女が乗っていて、こちらを『ジィー』と見ていたのです!

落ち着かない日々が続いていましたが、同級生の妹がやってきて、姉が亡くなった事を告げてきたのです。実は、孝史の同級生だった女が自分に片思いをしていて、幽霊になってまで、自分にまとまわりつくようになっている事が分かりました。

それでも、孝史は家族サービスのために、子供をゲームセンターへ連れて行こうとしたら、目を離したスキに、女性の幽霊が息子を踏切の所まで連れて行ったのです!

女は、息子を列車にはねさせようとするので、孝史は急いで子供を助けようとしますが間に合うのでしょうか?

『ほんとにあった怖い話 汲怨のまなざし』の感想

ストーカーのように、孝史にまとわりついてくる女ですが、さすがに子供を列車にはねさせようとするのは『いやいや怖すぎだろう!』とツッコミたくなりました。

女は、日記を書いていて、そこには孝史の名前をビッシリと書いていましたが、まぁこれはホラードラマのお約束みたいな感じがしましたね。そこはもう少しアレンジして欲しかったです。

最後は、思ったよりも良い話でまとまっていたので、意外性のあるストーリーで良かったです。