晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

怪談新耳袋(第13話)絆創膏女が星野真里をストーカーする?

怪談新耳袋の画像

ホラードラマ『怪談新耳袋 第5シリーズ 第13話 絆創膏』では、姉妹(星野真里&小池里奈)が、不審者を目撃してから、家までストーカーされてしまうので詳しく紹介しましょう。

『怪談新耳袋 第13話 絆創膏』のキャスト

ホラードラマ『怪談新耳袋 第5シリーズ』は、2006年7月5日から放送開始されました。

  • 監督:佐々木浩久
  • 姉役:星野真里
  • 妹役:小池里奈

『怪談新耳袋 第13話 絆創膏』のストーリー

姉妹が、一緒に家へ帰ろうとしていたら、黒髪の長い女が自分の頭を柵に何度もぶつけていました。あまりの奇怪な行為に、妹は「誰、あれ?」と不安がると、姉は「目を合わせちゃダメだよ」と急いで立ち去っていきました。

ところが、家に着いたら、奇怪な行動を起こしていた女は玄関まで追いかけてきたのです!姉は妹に「二階へ行って」と逃してあげてから、玄関のドアを開けたら、絆創膏だらけになっている手を伸ばしてきました。

姉は驚きながらも、近くにあったゴルフのパターで叩いたら、何と右手だけが『ゴロゴロ』と落ちていったのです。姉は「キャアー!」と悲鳴をあげるので、妹が「どうしたの!」と降りてきたら、そこにはすでに右手が消えていました。

姉妹は、恐ろしいと思いながらも夜になってしまったので、寝室で眠る事にします。そうしたら、姉の部屋の扉を『ドン!ドン!ドン!』と叩く音が鳴り響いてしまって、姉は「もう来ないでぇ!」と叫ぶ事しかできませんでした。

それから、叩く音は止みましたが、クローゼットから女が出てきて「腕を返せぇ〜」と迫ってきたのです!はたして、この女は何者なのでしょうか?

『怪談新耳袋 第13話 絆創膏』のまとめ

ホラードラマ『怪談新耳袋 第13話 絆創膏』に関連した情報や感想などを紹介するので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

晃のドラマブログの豆知識『星野真里はあがり症』

www.instagram.com

星野真里さんは、ドラマで迫真の演技を見せていますが、実は極度のあがり症でもあります。特に、バラエティー番組が苦手で、あまりの緊張から泣いてしまった事もあるそうで、それを芸人さんたちにいじられる事もしばしばでした。

しかし、綺麗な容姿なのに、あがってしまい、困った顔を見せてしまう所も可愛らしいという事で、星野真里さんの人気は急上昇していったのです。

『怪談新耳袋 第13話 絆創膏』の感想

今回は、絆創膏だらけになっている女が登場しますが、その姿は本当に恐ろしくて、映画『るろうに剣心』に登場してくる志々雄真実のようでした。さらに、最初に頭突きをするシーンで、視聴者の恐怖心をあおりたてて、なかなか憎い演出になっています。

やはり、ホラードラマをやるからには、今までにない切り口から恐怖感を与えるようなストーリーを展開して欲しいと思ってしまいますね。

内容は5分になっているので、女が一体なにをしたかったのか?そこはサッパリ分からなかったのですが、そのような疑問はどうでもいいと思わせるほどの恐怖感があって大満足な回でした。